和 のこころ

着物のたたみ方

本だたみと夜着だたみの着物のたたみ方

本だたみは小紋や紬、浴衣などに用いられるたたみ方で、箔や刺繍などが施された着物には夜着だたみが基本ですが箔などを和紙でカバーすれば本だたみでも問題はありません。
本だたみは、まず襟を左にして着物を広げ下前の脇の縫い目線を内側に折り、下前の衽の縫い目から衽を手前に折り返し襟を内側に折ります。
次に下前の衽に上前の衽を重ねてそのまま襟も重ねます。
襟先と褄下をきちんと揃え両手で上前の脇線を持って背中心線のところで内側に折り、脇線を揃えて両袖を重ねます。
上に出ている左の袖を袖付けから折り返して身頃の上に重ねます。
裾を持ち身頃を内側に2つ折りにし、右袖を下側に折り完成です。
夜着だたみは襟を左にして着物を広げ、下前の脇縫い目を内側に折って整えた後、その上に上前の脇縫い目を折って整え、次に襟の縫い目を内側に折ります。
両肩の紋の部分には和紙をあてます。
両袖を身頃の上にたたみ合わせ、両袖の紋の部分には和紙をあてます。

ワンポイント、着物のたたみ方

着物のたたみ方は、襟が左側にくるようにひろげ、手前側のおくみを縫い目から折り返します。
次に、襟を内側に折り、向こう側の襟さきと裾をおくみに重ねます。
向こう側の脇を手前側にあわせ、背縫いにそって折り、袖をあわせます。
上側の袖を身頃に重ね、丈を半分に折ってから、裾と襟の部分を持って裏返し、片方の袖も身頃に重ねます。
「袖たたみ」という、時間がない時などにとりあえずたたむやり方もあります。
たたむコツとしては、シワをなくして縫い目や折り目を意識することが大事です。
また、着物をひろげる場所を用意して、埃などがつかないように気をつけましょう。
着用した後、箪笥にしまう場合は、たたむ前に1日から2日ほど日の当たらない風通しのよい場所に干してからたたみましょう。
留袖や高級な刺繍などがほどこされているものは、「本たたみ」とは違うやり方でたたみ方をする場合があります。
紋の上に和紙をおいたり、たたむ際には綿をはさんだりします。

おすすめWEBサイト 5選

中学生で留学を体験
http://www.nexsis.jp/

2017/4/28 更新